骨盤矯正専門院骨盤矯正産後骨盤矯正骨盤矯正ダイエットの効果商品お客様の声Q&A支払い・送料

妊娠、産後のお悩み解消コーナー

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

私が開発しました

  開発者 骨盤矯正整体師  石井 良和

開発者 骨盤矯正整体師
石井 良和

サロンでたくさんのお客さんを見てきて、一番嬉しいのはお客さまのカラダが楽になったり、美しい体型に変わったりカラダの変化があった時に一緒になって喜べることです。本当に嬉しくなります。

なぜ産後に骨盤矯正?

なぜ産後に骨盤矯正なの?

産後の骨盤は、妊娠中のリラキシンというホルモンの影響で筋肉や靭帯がゆるんでしまう状態から、出産時赤ちゃんが通る時に開いたり変形したりしてしまいます。産後というのは、骨盤が簡単に言うとリセットされた状態で、形が変わりやすい状態。つまり、良い形にも悪い形にも変化しやすいと言えます。産後放っておけば骨盤がゆがみ、開いたままお尻が大きくなったり、太り易くなったりする方も多くなります。産後骨盤矯正をすることにより、元の状態に戻すのはもちろんのこと、以前よりも美しい体型に生まれ変わる良いチャンスとも言えるのです。 

タイミングとしては、産後6か月までがベストとされますが、それを過ぎていても正しい産後骨盤矯正をすることによって改善は、見られますので諦めないでください。

産後骨盤がゆがむとどうなるの?

筋肉や靭帯の支えが弱いことにより、骨盤の形が崩れ下記のようなトラブルが起きやすくなります。


購入はこちら

産後のガードルは?

産後はウエストよりも、まず骨盤を矯正する!?

産後は、骨盤を矯正するのは今や常識!?病院によっては、産後直後から骨盤矯正ベルトまたはガードルを用意してくださいと言われるところもあるようですが、先にガードルをするのか?骨盤矯正ベルトだけがいいのか?どんな骨盤矯正ベルトがいいかわからないと言う声が多いです。

実は、お腹に巻くタイプのものは内蔵を上から下へ圧迫することになる場合があり、産後直後の腹部のガードルはおすすめできません。

まずは、骨盤を矯正し内蔵を支えるしっかりとした土台を作り、それから産後ガードルをするようにしましょう。

産後はどんな骨盤ベルトがいいの?

つけっぱなしにできて、骨盤を締める位置がズレないもの

産後2ヶ月ぐらいは、骨盤まわりの筋肉靭帯がゆるゆるな状態。例えるなら、足のねんざをすると靭帯が伸びているため、足首がぐらぐらしますよね?それを無理矢理動かそうとすると靭帯がさらに伸びたり痛んだりして悪化してしまいます。イメージとしてはそのような骨盤がゆるんだ状態なので、産後はすぐに骨盤を矯正するものとして骨盤矯正ベルトが有効とされます。ですので、なるべく骨盤矯正ベルトをつけっぱなしにできて、骨盤を締める位置がズレないものがいいのです。

ではつけっぱなしできる骨盤矯正ベルトの条件として、骨盤矯正ベルトをしたことのあるママさんの意見では、ズレ上がらないもの、着けていて痛くないもの、パンツなどアウターに響かないもの、ムレないものなどがありました。 元々骨盤矯正ベルトを開発しようとしたきっかけもこうしたママさんのご意見を基に、その条件を満たせる骨盤矯正ベルトを作りたい!というところから始まりました。つまり、実際に使って良いもの、ずっと着けててもらえるものでなくては、買ったはいいけど使わなく恐れがあるのです。ですから、自信を持って、このずっと着けていられる『フィットキープ骨盤ベルト』をおススメしたいのです。
みなさん産後の『キレイなママさん』目指して。フィットキープ骨盤ベルトで、正しく産後骨盤矯正を行って妊娠前より スリムな体型,健康的な体になりましょう!

産後に〜Fit keep 骨盤ベルト〜商品説明は、 こちら
購入はこちら

助産師からの一言

産後の骨盤矯正について、助産師さんからお話して頂きました

赤ちゃんが通った後の産後の骨盤は妊娠前より末広がりに大きくなっています。そのことで妊娠前のスタイルに戻りにくかったり、全くスタイルが変わってしまったり、、。

同時に骨盤周囲の筋肉もゆるゆるです。そのことから将来、女性特有の尿が漏れたり子宮脱、膀胱脱といったものが生じる可能性があります。妊娠前のスタイルに戻すためには、赤ちゃんのために広がった骨盤や筋肉を元に戻るように矯正することが必要です。また、産後直後から骨盤を整えることで出血量を改善させる場合もあります。
産後6か月までの間が骨盤を矯正し、体型を元に戻すのに一番い時期とされます。

購入はこちら
購入はこちら